2016年12月26日月曜日

校内クリスマスコンサート

3連休のクリスマスウィーク、そして今年もあと一週間!
他校でも行われているようですが、上溝南高校では終業式の昨日午後から校内クリスマスコンサートがありました。



合唱部、吹奏楽部、軽音楽部、ギターアンサンブル部がそれぞれ30分ずつ演奏。
美術部による飾り付けの協力も得て、他の部活にも来場を呼び掛けました。
スペースの関係で、ギター部は4つのグループに分かれて演奏。
「バラ色のメヌエット」「ムーンライト伝説」「In  the  Mood」「ヒカレ」を演奏しました。
各部活の色合いを活かした内容だったと思います。

[筆者 : 木村晴美]

2016年12月6日火曜日

ドレスを着るために

ちゃおちゃお~♪
先日4歳児と遊んできて体の固さを再認識した、くにむねです(´・ω・`)


最近、ランニングとウォーキングをしています!
と言うのも、12月に毎年恒例の「ギタークリスマスコンサート」があるのですが、そこでドレスを着るんです。
日頃運動しない私が、肩を出すドレスを着ると大変お見苦しいことに……

そこで、ドレスのため、健康のために、歩いたり走ったりすることならできるかな!と思って始めてみた次第です。



ちゃんとランニングシューズも買いましたwww
結果が出るかどうかは……コンサート当日のお楽しみですね!


[筆者:國宗愛]

2016年11月10日木曜日

ばんだパンダ

こんにちは、きむらです。もう少し秋に浸りたいのに、もう冬かい!なのですが。

上南南高校の最寄り駅はJR相模線の番田駅で、近年始まった「ばんだパンダまつり」というイベントがありまして。

上溝南高校の文化祭から生まれたキャラクターのパンダが登場し、JRと地域のコラボイベントになりました。
11月5日(土)番田駅前広場で、橋本駅の駅長さんの挨拶に始まり、交通安全を呼びかける団体やPTAや上南の部活が参加して行われたものです。




生徒会や運動部の協力に、料理部の模擬店や茶道部の野点
があり、吹奏楽部とギターアンサンブル部も演奏。ミニ文化祭といった感じです。

吹奏楽部は大河ドラマの主題曲など親しみやすい曲や小編成の演奏で楽しませてくれました。
ギター部もノリの良い曲でアピール!楽器体験の時間も用意して、皆さんに参加していただきました。
「バラ色のメヌエット、栄の活躍、小さな恋のうた、涙がキラリ、夏祭り」この他、吹奏楽部とのコラボで「空も飛べるはず」「シーソーゲーム」の演奏が秋晴れの空に響いた1日でした。




[筆者:木村晴美]

2016年10月25日火曜日

三渓園

ちゃおちゃお~♪
最近、生徒からアニメや漫画の話を振られてもちんぷんかんぷんなくにむねです。
何にも見れてないよ…(´・ω・`)

秋らしい気温になってきたので、横浜の三渓園にお散歩がてら行ってきました。
大きな日本庭園、って感じですかね。
元々、明治時代の実業のお庭だった敷地に、お寺を移築したり日本家屋を持ってきたりしてるらしいです。


こんな感じでひたすら緑に囲まれていて、紅葉したらすごく綺麗なんだろうなという場所もいくつかありました。
もう少し遅い時期に行ったらよかったのかも!


敷地内にお茶会をやってるところがあったので一服。
ひさしぶりにお点前頂戴しましたが、いや~癒されますね。
ちゃっかり座って記念撮影(*´ω`*)



[筆写:國宗愛]

2016年10月21日金曜日

コラボCD

こんにちは、きむらです。
暑いのか寒いのか分からなくなりそうですが、今年の秋は短いとか。寒暖の差が大きく、一気に冬になるらしい…。

読書の秋にオススメなモノを。
芥川賞作家の平野啓一郎さんの小説「マチネの終わりに」。ギタリストと通信記者の出会いに現実世界の出来事を絡め、過去と未来が生き方をどい変えていくのか考えさせる話題作。発売から5ヵ月で4万5千部のベストセラーとか。小説には演奏シーンが多数あり、読者の声からCDのタイアップが決定。
10/19に発売され、演奏は福田進一さん。アランフェス協奏曲やバッハ無伴奏3番プレリュード他14曲が収録されていて、小説に登場した架空の曲が作家のイメージを元に書き下ろされたものも。
11/2(19時)には二子玉川の蔦屋家電で、作者と演奏者のトークショーと、朗読&演奏が無料で聴けるそうです。


[筆者:木村晴美]

2016年9月19日月曜日

爪のお手入れ

まだまだ暑い日がありますが、身体の変化は敏感なもの。秋風がたつとギター弾きにとって悩みの種『爪のコンディション』維持が難しい季節になりました。

乾燥は爪の大敵。割れ、かけ、剥がれなど様々なトラプルの原因となります。

私も冬になると『ドキ!』っとすることが増えます。




そこで今年のオススメを二つ。
先ずは以前のブログで紹介したOPIのトップコート。一般的なトップコートは爪の表面をコーティングして綺麗に見せることは出来るのですが、ベタついたり、爪の表面がデコボコになったり、爪そのものが痛んだりとあまりオススメ出来ないのですが、一番の問題点は『塗った後で磨けない』という私達には致命的な問題でした。しかし、これは塗ってからでも爪の表面を整えることが出来るので、頻繁に爪を整える必要がある私達にはありがたい商品です。

次に今のお気に入り。Dr.Nail(ドクターネイル)のディープセラムです。
こちらは爪の強度を増すもので1日1回、マニュキュアの様に爪の表面に塗ります。すぐに浸透するので練習にも支障なく、割れ、剥がれのトラプル予防に役立ちます。(個人の感想です(笑))
私は寝る前に塗るのですが、5分も経たない内に何でも出来ます。

翌日のために爪を整え、これを塗って休むのが今の日課です。

右手の小指以外に使用しても一月冬のは十分に持つので費用対効果は悪くないと思います。
ドラックストア、コンビニなどでも簡単に手に入るのも良いです。

皆さんもこの時期から爪のケアを始めると快適なギターライフを送ることが出来ますよ!

[小林徹]

2016年9月15日木曜日

上南ギター部文化祭

JAEMのきむらです。忙しかった夏シリーズも終了、そのラストの文化祭が9/11(日)上溝南高校で行われました。




雨も上がって暑さも一段落したところでスタート。体育祭と立て続けで準備期間は短かったのですが、飾り付けは力作!
楽器紹介もいれたプログラムも、アンケートで好評。予想以上の来場者でプログラムを増刷したり。3年生がスタッフとして走り回ってくれました。
二年生によるウェルカム演奏で開場すると、保護者の方々の撮影会になってしまい(@_@;)
一年生Acemは毎年ここでデビューします。その一曲目がバラ色のメヌエット、人気の高かった「栄の活躍~サマーウォーズ』、「シーソーゲーム」からコンクール曲の「Spqing 1」「スペイン舞曲第1番」と続き、アンコールの「夏祭り」まで、笑顔で弾けていた部員たちでした。

[筆者:木村晴美]